Pomplamoose

Something About Us-Daft Punk-Pomplamoose

Something-About-Us

こんばんは。今日もPomplamooseが大好きで、大好きな、まぁ君です。

今回ご紹介するfavorite songは…。
Pomplamoose Cover Song
「Something About Us」
2019年7月26日(Youtube Upload)ロサンゼルスのバンドハウススタジオ収録…。

Daft Punk | Something About Us | Pomplamoose

Daft Punk | Something About Us | Pomplamoose
Save this song on Spotify: Follow us on instagram: Become a patron of our music (to vote on t...

楽曲・関連

ただ一言で。「Daft Punk」は大好きです。一番には?と問われると”Discovery-One More Timeと言いたいところですが、今は”Random Access Memories-Lose Yourself to Dance”が好きですね。

音楽誌のレビューに酷評されたこの言葉「a daft punky thrash」から取ったユニット名「Daft Punk」。フランスのエレクトロニックデュオはハウスミュージックに転向して有名となります。1994年に”The New Wave”でデビュー。その翌年1995年”Da Funk”をリリースし大ヒットします。その20年後の2014年、第56回グラミー賞でノミネートされた主要5部門をすべて受賞し世界的に愛されるユニットとなります。

二人の名前はThomas Bangalter(トーマス・バンガルテル;銀のロボットマスク)とGuy-Manuel de Homem-Christo(ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト;金のロボットマスク)。ロボットの仮面を被る二人の設定はサイボーグ。1999年9月9日にコンピュータのバグで機材が爆発。その事故によって2人はサイボーグになってしまったというストーリーで、2003年の長編アニメーション映画「インターステラ5555」のプロモーションビデオのインタビューで語られています。

『インターステラ5555:THE 5TORY OF THE 5ECRET 5TAR 5YSTEM』とは、フランスのハウステクノデュオ:ダフト・パンクと松本零士とのコラボレーションによるアニメーションオペラ。かねてから松本のファンであったダフト・パンクの2人が自身のアルバム『ディスカバリー』の為に松本にビデオクリップの制作を依頼したのが始まり。少ない効果音以外はセリフは全くなく全編『ディスカバリー』の楽曲で構成されている67分のアニメーションである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Daft Punk – Something About Us (Official audio)

Daft Punk - Something About Us (Official audio)
Daft Punk - Discovery : ℗ 2001 Daft Life under exclusive license to Parlophone Records Ltd./Parlophone Music, a division of Parlophone Music France Youtube P...

 

曲想

漫画家松本零士が手がけた「インターステラ5555」。このMV作品は2001年にフルアルバムとしてリリースした”Discovery-One More Time”と共にに大ヒットを記録します。その”Discovery”中の1曲”Something About Us”。隠れた名曲と言われたこの曲をPomplamooseが淡く切ない情景を奏でます。

すべての感情、愛や幸福、悲しみ喜びのすべてが、信じられないほど複雑なものに混ざり合うこの詩。

最初で最後のこの気持ちをナタリーの歌声で癒してください。

ナタリー&ジャック!! 今回も素晴らしい曲をありがとう。また創造豊かなアレンジに最高点を★★★★★。

 

CREDITS

Lead Vocals:Nataly Dawn (ナタリー・ドーン)
Keys:Jack Conte (ジャック・コンテ)
Guitar:Brian Green (ブライアン・グリーン)
Bass:Nick Campbell (ニック・キャンベル)
Drums:Ben Rose (ベン・ローズ)
Engineer:Tim Sonnefeld (ティム・ゾンネフェルド)
Mixing/Mastering:Caleb Parker (カレブ・パーカー)
Cinematography:Ricky Chavez & Merlin Showalter (リッキー・チャベス&マーリン・ショータル)
VideoEditing:Dominic Mercurio (ドミニク・メルクリオ)
Producers:Ben Rose & Caleb Parker (ベン・ローズ&カレブ・パーカー)