Ofuseはじめました。応援いただけると励みになりますm(__)m
Music

Robert Glasper / Better Than I Imagined ft. H.E.R., Meshell Ndegeocello

猫の様子

こんにちは。本日もYouTubeが大好きな、まぁ君です。

今回ご紹介するfavorite songは…。
2020年8月27日(Youtube Upload)【5:01】

 

Robert Glasper – Better Than I Imagined ft. H.E.R., Meshell Ndegeocello

Robert Glasper - Better Than I Imagined ft. H.E.R., Meshell Ndegeocello
“Black lives matter and so does black love; no one wants a life without love, but we have generations of people in our community who haven’t had the tools to...

 

愛情のない人生は。

とても切なく恐ろしく怖い。

愛する人がいて愛される人がいて。

情の記憶を忘れない世の中へ。

 

あらゆる逆境を迎えた2020年は様々な意味における啓示でもあり、特に黒人表現のルネッサンスと、黒人の声、物語、芸術に対する評価と理解が、これまで以上に見聞きされるようにいまなってきているが、これはグラスパーにとって何も新しいことではなく、世界がようやくこの音楽のマエストロであり文化的な人物に追いつこうとしているのだ。ヒーローたちが愛を通して黒人コミュニティを癒すというシュールでポスト黙示録的な世界を描くジャンニ・リーの描いたアニメーションによる美しいMVと共に配信がスタートした。

「Better Than I Imagined」は、黒人の愛の価値と美徳への熱烈な献身。グラスパーはこの曲に隠された意味を以下のように語る。「愛のない人生を望む人などいませんが、私たちのコミュニティには何世代にもわたって健全な人間関係を築くための方法や手段を持っていない人たちがいます。ようやく、この国の体系的な人種差別に、人々が目を向ける準備ができたように思えます。その話をするのであれば、それが人間関係にどのように影響するかについても話さなければならないのです」。

以下引用元より抜粋。

ロバート・グラスパー、H.E.R.とミシェル・ンデゲオチェロをフィーチャーした「BETTER THAN I IMAGINED」をリリース&MVも公開 | BARKS
グラミー受賞アーティスト/プロデューサー、ロバート・グラスパーが、現代音楽界で最もパワフルな女性声を持つH.E.R.とミシェル・ンデゲオチェロをフィーチャリングしたニュー・シングル「Better Than I Im...

 

 

 

Robert Glasper, H.E.R., Meshell Ndegeocello

≪Robert Glasper≫
「Robert Glasper / So Beautiful」Robert Glasper / So Beautiful(内部リンク)

H.E.R.(ハー、本名: Gabriella Wilson、1997年6月27日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ヴァレーホ出身のシンガーソングライター、R&Bミュージシャン。

いくつかの音楽活動を経て、2016年にH.E.R.としてデビューEP『H.E.R. Volume 1』をリリース。その後の作品を集めたのコンピレーションアルバム『H.E.R.』(2017年)は、第61回グラミー賞で新人賞を含む5部門にノミネートされ、最優秀R&Bパフォーマンス賞と最優秀R&Bアルバム賞を受賞した。2作目のコンピレーションアルバム『I Used to Know Her』(2018年)はグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤー、収録曲「Hard Place」がソング・オブ・ザ・イヤーなど、主要部門を含む5部門にノミネートされた。

 


 

ミシェル・ンデゲオチェロ(Meshell Ndegeocello、本名: ミシェル・リン・ジョンソン、1968年8月29日 – )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、ラッパー、ベーシスト、ボーカリストである。ネオ・ソウルのさきがけとして知られており、音楽的にはファンク、ソウル、ヒップホップ、レゲエ、ダブ、R&B、ロック、ジャズの要素を含む。

西ドイツのベルリンで生まれ、ワシントンD.C.育ち。音楽家としてキャリアを通じて批評家の称賛を数多く受けており、グラミー賞に10回ノミネートを受けている。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』