Ofuseはじめました。応援いただけると励みになりますm(__)m
Music

millennium parade / Bon Dance

#the millennium parade-bon dance

こんばんは。今日もYouTubeが大好きな、まぁ君です。

今回ご紹介するfavorite songは…。
2021年2月15日(Youtube Upload)【6:33】

 

millennium parade – Bon Dance (Live at Tokyo International Forum Hall A)

millennium parade - Bon Dance (Live at Tokyo International Forum Hall A)
Debut Album "THE MILLENNIUM PARADE" 発売中!!!特設サイト: h...

 

 

「millennium parade」。

引き寄せられるこの世界は誰。

新たな感覚。そしてこの違和感。

考えてはダメ。

探し求めていた音学は私。

こんなに弾けた気分は初めて。

果てしない世界を新たに。

 

 

Lyrics / Music / Producer: Daiki Tsuneta
Lyrics / Vocal: ermhoi
Creative Director / Agitator: Shu Sasaki
Art Director / Agitator: Cota Mori
Keyboards / Piano: Ayatake Ezaki
Sax / Vocoder / Guitar / Flute: MELRAW
Bass: Kazuki Arai
Drums: Shun Ishiwaka
Drums: Yu Seki

Stage Director: Arata Takabatake(MARGT/PERIMETRON)
Stage Director: Isamu Maeda(MARGT/PERIMETRON)
Openning movie Director: Osrin (PERIMETRON)
Digital Artist: mesoism a.k.a Yuhei Kanbe
Visual Artist / Programmer: Satoru Higa (Backspace Productions Inc.)
Visual Artist/Programmer Kezzardrix(INT)
Technical Producer: Miyu Hosoi
Stage Manager: Osamu Oyama(DEUCE inc.)
Stage Manager: Kan Takashi(THEATRE KANPANY Ltd.)
Assistant Stage Manager: Ryo Nakaya(DEUCE inc.) & Kensuke Yagi(DEUCE inc.)
Instrumental Technician: Toshimitsu Kon(Konto Shokai)
Lighting Designer: Anderson (Andy) Hinago
Lighting Designer: Mikiko Arai
Lighting Designer: Yasuhiro Kashiwagi
Lighting Designer Naomi Hareyama
Lighting Designer: Minako Takekoshi
Lighting Designer: Kazuo Kondo
Sound Engineer: Izumi Miyazaki
Sound System: Minamo Yano(Acoustic), Yasuhiro Nishi(Acoustic), Keigo Naka(Acoustic), Saori Numata(Acoustic), Takuya Matsuyama(Acoustic), Takashi Itoga(Acoustic), Rui Nagayama(Acoustic), Nasumi Sekine (YAMAHA) & Yuzo Hashima(YAMAHA)
Technical Producer: Hitoshi Iwata(SONY PCL)
Assistant Technical Producer: Tsukasa Doi(SONY PCL)
Instrumental Technician: Tomokazu Adachi(BRAINCASE Co.,Ltd)
Live Recording Engineer: Akihito Yoshikawa(Dede AIR Mastering)
Transportration: Toru Abe(WEED,S ENTERPRISE) & Takayuki Wada(WEED,S ENTERPRISE)
Live Camera Director: Takahiro Shimoyama, Masahiro Fumiya(TAKENAKA), Kotaro Takaie(TAKENAKA), Ryota Ueno(TAKENAKA), Azusa Suzuki(TAKENAKA), Masahiro Sizono(TAKENAKA) & Kenichi Naito(TAKENAKA)

Live Director:Shintaro Nagata (HOT STUFF PROMOTION) & Kento Sawada (HOT STUFF PROMOTION)

 

THE MILLENNIUM PARADE』(ザ ミレニアム パレード)は、常田大希のプロジェクト・millennium paradeの1stスタジオ・アルバム。2021年2月10日に、Ariolaより発売された。

本作は、「失われたものへの弔いと、新しい年を迎えた祝祭」の意味を込め、「手筒花火」をテーマにしたコンセプチュアルな作品となっている。ロック、ジャズ、ヒップホップ、エレクトロニックミュージック、クラシックなどの多彩な要素を取り込んだ音楽性も本作の特色である。アルバムには、5曲のインストゥルメンタルが収録されている。アルバムの前半は、常識にとらわれないアクロバティックな表現や、偏執的なトラックメイク、実力派プレイヤーの生演奏を織り交ぜたサウンドが特徴的な楽曲が多くを占めており、それは、フライング・ロータスの『You’re Dead!』にも通じるサイケデリックなプレリュードを皮切りにアウトサイダー集団のパレードがSF世界と現実の間を縫うように進行していく「Fly with me」、複雑なビートで高揚させる「Bon Dance」、Friday Night Plansを迎えたクールなR&B「Trepanation」などさまざまである。中でも「ミレニアム=千年後の未来」をテーマにした「2992」に関してロッキング・オンの小熊俊哉は、「レディオヘッド「The National Anthem」を彷彿させる獰猛なベースラインと、天を舞うようなオーケストラを融合させたこの曲は、野生とアカデミズムを巧みに使い分ける常田の真骨頂」と指摘している。後半は、millennium paradeの構想盤『http:// 』(2016年) と、King Gnuの初期楽曲にランダムアクセスするインタールード「TOKYO CHAOTIC!!!」を挟んで、Srv.Vinci時代の楽曲を再構築した「Philip」、井口理をボーカルに迎えた終盤の「Fireworks and Flying Sparks」「FAMILIA」と続く。「FAMILIA」では、ここまでの英語詞ではなく、常田自身が作詞した日本語のリリックによって、パーソナルで混沌とした歌が届けられる。ボン・イヴェール的とも言える美しく歪んだエレクトロニックバラードで光と闇、愛と孤独を歌いあげ、アルバムは厳かなムードとともに幕を閉じる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』